カードローン審査で大事なことは?

カードローン審査と聞くと、いろいろと調べられて、結局審査に通らなかった。。そんなことをちらほらと聞くことがあります。

しかし、今のカードローン審査は非常に便利で、早く、個人情報の観点から聞く内容も限られてきており、そこまで多くの情報を教えるわけではありません。

基本的に審査で聞かれることは、氏名、生年月日、住所、勤務先、年収、他社借入金額、今回希望借入額、居住年数、勤続年数、結婚の有無、などです。

原則、本人以外の情報は聞かれることはありません。もし、本人以外(例えば配偶者や親)の情報を聞いてきたならば、それは教える必要はありません。

本人の同意があれば、聞くことも可能ですが、基本的には本人以外の情報は聞いてはいけないことになっているのです。

昔は中小消費者金融では、本人が逃亡や滞納等で回収が困難になった時の為に、実家の住所や親の氏名、電話番号などを聞いていた業者もありましたが、今は法律が厳しくなったこともあり、実家の住所や電話番号などは聞かれることもありません。

現行の貸金業法では、本人以外の第三者に連絡することを禁止しており、また連絡先も原則本人の携帯または自宅しか連絡してはいけません。

まず、借りる前にその点だけでも覚えておきましょう。

カードローン審査で大事なことって何?

では、カードローン審査でも最も大事なことは、何だと思いますか?

単純に考えればOKなのですが、カードローンの審査ではありのままに真実を丁寧に書く(入力する)こと。これだけなのです。

審査では、申込み者からもらった限られた情報の中で融資可能かどうか、判断することになります。数少ない情報の、もし1つでも偽りの情報があった場合、カードローン会社は間違いなく、その人の全ての情報を疑うことになるでしょう。

審査で一番重要視していることは、「信用」です。信用とは、その人が真面目に返済してくれるのかどうか?この人は嘘を言わずに誠実に利用してくれるかどうか?この点を大事にしているのです。

ですから、まずは、自分の年収や役職、勤続年数などは特に正直に書きましょう。年収においては、カードローン会社では多くのデーターがあるので、もし虚偽申告した場合、簡単にバレてしまう可能性があります。

もし嘘の年収とばれた場合、審査には通らない可能性も高くなってしまいます。業者は、年収も気にしますが、総量規制の範囲内であれば、そこまで年収の多さは関係ありません。

まずはきちんと真実の内容を申告することが、カードローン審査では大事なことなのです。具体的な銀行カードローン審査のことはオリックス銀行審査と評判で詳しく説明されていますので一度見てみることをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です